フキの下処理の仕方

この季節、フキはとても柔らかくて美味しいと思います。
苦味もフキの美味しさ、と私は思いますが、苦手な人もいますよね。

実家の庭で採ったフキは、採れたてなので、こんな下処理をします。
まず葉と茎を分けて、茎に塩をしながら「板擦り」します。まんべんなく塩をするのがポイント。
フキの板擦り



次に葉も一緒に桶に入れて、熱湯をかけます。茎はしんなりして、熱湯にしっかり漬かるようにして、5分程度おきます。これで灰汁(アク)抜き。
熱湯をかける
秋になると、フキは硬くなってしまうので、鍋に湯を沸かしてフキを入れ、1分程度茹でる、という工程になります。


茎の筋を取ります。片側から一周いっぺんに剥がすように。
筋を取る


5cmくらいずつ、ポキポキと指で折っていくと、細かい筋まで剥けるので、美味しく調理できます。
筋を取る2


これで下処理完成!
なるべく直ぐに調理しないと、変色して黒っぽくなってしまいます。
下処理完成

☆茎は、少量の油(と唐辛子)で炒めてから味付けすると、おつまみにGOODです。スープに入れてみたりもしましたが、せっかくのフキの味がボケてしまったので、フキだけで味わった方が良さそうだと思いました。

☆葉は、細かく刻んでからやはり油で炒めて、我が家ではジャコやゴマと一緒に甘辛く佃煮にします。ご飯に合います!

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム