「たくあん漬けを作ろう!」が開催されました

2009年12月13日、三軒茶屋のキャロットタワー4Fキッチン&ワークショップルームAにて、
  
  ワークショップ「たくあん漬けを作ろう!」が開催されました!

日曜日の朝10時から、たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございました。

干し大根の山_convert_20091214171307
群馬県川場村から届いた干し大根の山!

今回は青首大根になりました。漬物に適した"新八州"という種類の大根を使う予定でしたが、思いのほか開催日の2週間も前に干しあがってしまい、急きょ、青首を干していただいたのです。自然の作物ですから、出荷日に合わせるのは、そもそも大変なことなのですね。今回、そのことを再認識しました。

作業風景_convert_20091214171328

干し大根を使って「本漬けたくあん」を作った人がお二人。あとは皆さん生大根を使って「速成ぬか漬けたくあん」を作りました。

速成ぬか漬けたくあん」を作るとき、ネジ式漬物容器にあまりギュウギュウに大根を詰めてしまうと、ぬかなどが入らなくなってしまうようです。仕方なくぬかを減らしている人もいましたが、これだと充分な風味が着かないかもしれません。4日たっても水があがってこなかったら、再度ぬかなどを足してみてください。

ネジ式漬物容器を持っていない人は、ジップロックのような保存袋でとりあえず漬け、ご自宅に持って帰ってから、重石をしていただくことにしました。

本漬けたくあん」は、大き目の容器と、干し大根の重量の3倍近くの重石が必要なため、トライする人は少なかったようです。でも来年は作ってみたい!と言ってくださった人も多かったです。

たくあん漬け試食_convert_20091214171413
おまちかね、試食タイム~~~!

2週間前に漬けておいた速成ぬか漬けたくあん2種(赤・白)。赤いのはさくら大根です。黄色いのは、川場村で大根を作ってくださった関さんが、おすそ分けしてくれたものです。クチナシの花やウコンを使うと、黄色くなるんです。
どれも大好評でした!! 「簡単だし、ぬかの香ばしさがたまらない!」とお褒めの言葉をいただきました。

また、ぬかみそ漬けのカブとこんにゃくもおまけ。

手前は、川場村の切干大根を使ったお汁。切干し大根の出汁だけで、こんなに美味しくなるんですっ!!戻し汁は捨てないでくださいね。特にこの切干大根は、香りがあって値打ちものだと思いました。

そして、この日も参加してくれた、区民の衣川さんが川場村で作っている、棚田米のごはん。ちょっと水が少なくて固くなってしまいましたが、甘みがあって、たいへん美味しくいただきました。ご紹介すると、会場から拍手が起りました!

こどもたち_convert_20091214171533

子どもたちも伸び伸びと。お父さんと一緒に作ってくれた、小学校1年生の男の子もいました。


そうそう、今回もケーブルテレビ「イッツコム」さんが取材に。ぬか漬けマラソンを密着取材してくれているんです(笑)。放送は、1月14日になるそうですよ。


洗い物・後片付けなどもみなさん進んで協力していただき、本当にありがとうございました。

このイベントは、毎年恒例にできたらいいな~と思いました。

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム