『ripple』と枇杷の話

お友だちに「『ripple』*読んだよ!」 と言われて、もう会員さま向けに発行されてしばらく経ったことに気付きました!
報告が遅くなってしまいましたが、表紙と見開き3ページとたっぷり記事を載せてもらいました♪

取材の様子→http://nukaman.blog99.fc2.com/blog-entry-357.html(取材していただいたのが、昨年12月)

ripple1.jpg

ripple2.jpg

ripple3.jpg

ro.jpg

こんなにたっぷり書いていただくと、私が言いたいこと、伝えたいことが、本当に網羅されて、良くまとまって、嬉しくて嬉しくて、宝物にしようと思いました。発行元のステップワールドさん、多めに送ってくださり、ありがとうございました!!
実は、J-wave『GOLD RUSH』に出演した時に、渡部さんに1部差し上げたのですよw 渡部さん、ぬか漬けにとてもご興味がおありのようでしたから♡

枇杷の葉干し
これ、何の葉っぱか分かりますか?

ライターの篠原さん(実はアロマテラピスとでもあり、野草にもお詳しい)から「霜焼けにはビワの葉の焼酎漬けが効きますよ!」と教えていただいたので、実家の近くで父がたっぷり集めて干してくれたビワの葉なんです。これから、玄米焼酎に漬け込みます!!

以下、篠原さんが教えてくださった、ビワの葉療法を、備忘録のためにも、ご紹介しますね(長いですが・・・)。


手のしもやけ、この季節
お辛いですね。。

母が、子供のころ~30代まで、しもやけがひどかったのですが
体をあたためるようなお食事に変えて、
さらに、天然素材(小麦胚芽油)のビタミンEカプセルを定期的に摂るようになって
数年後に完治しました。

塗るものは台所仕事の多い主婦にとっては
何より安全性第一!ですね。

お話しした通り、今、びわの葉エキスの仕込みに最適な季節なので
作り方をご紹介しますね。

様々な肌トラブルに使えて、子供にも使えます。

水と半々に薄めて外用しますが
やけどや切り傷の出血など、緊急の場合(アルコールに過敏でなければ)原液でもOK。

玄米焼酎で漬けたものは、
風邪気味の時など、お湯割りにして飲むのもお勧めです♪

疲れ切った時は贅沢に!コップ半分~1杯ほど
このエキスを入れて入浴すると、みるみる元気になる感じです(^o^)ノ

びわ(葉・種)は免疫力を高めるアミグダリンの含有量が豊富なので
ガンの方に温熱療法などでも使います。


葉の選び方/冬場の大きくて厚いごわごわした古い葉

洗い方/ざっと洗う程度でいいのですが野菜洗いブラシなどで、裏面の産毛はこすり洗いしています。

1日ほど日陰干し後、はさみで2cm幅にカットして
広口瓶の半分ほどびわの葉を入れ、ホワイトリカー(または玄米焼酎)1.8L(1升)を入れるだけです!

3ヶ月目から使えますが、私は1年ほど漬け込んだ後、
キッチンペーパーで漉しています。

(漬けた葉はガーゼなどで包んでお風呂に♪)

半永久的にもちますので、大量に作っておくと何かと重宝します!


蜜蝋クリームを作るときは
最後に精油+ビワの葉エキスも大さじ2杯ほど入れて
分離しないようよくかき混ぜてから、容器に注いで固めてみて下さい。

びわの生葉、蜜ろうや植物性のベースオイルは
ネットなどで購入可能です。


元々、自分の重症のアトピー性皮膚炎を治すために
西洋のハーブやアロマテラピーのことを勉強し始めたのがきっかけで
思いがけず仕事になってしまいました(^_^;)

最近は和の野草や日本の食文化に魅せられています♪

今日の岡部さんのお話
おばあ様やお母様のお話、漬物文化や和食への思い…など
まだまだずーっと伺っていたいほどでした。

今後とも(来年以降も!)どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

またお目にかかれますことを心待ちにしています。

篠原 直子



*『ripple』・・・「ベジライフ酵素液」というダイエット用酵素ドリンクの会報誌(2カ月に一回発刊)

http://wpets.jp/product/detail/477?adcd=nv0phqwoimp477&guid=ON&wapr=54795dc4

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム