野菜鍋会

先週末、笑恵館で野菜鍋会をやりました。

野菜鍋会
昆布出汁と、干した大根やしめじ、キノコ色々、厚揚げ、人参、葉野菜、葛切り、味付けは質の良い塩と醤油だけ。
マクロビの先生律子さんが作ってきてくれた、しっかり火を入れたお惣菜は、お腹に優しく染みました。
私この日、マクロビ的な鍋を期待してたんです。しかしなんと!マクロビに鍋料理は無いんですって。「近いのは、煮込みうどんかな。調味料は、食材の中まで染み込ませるのが基本。タレにつけて食べると、塩分がダイレクトに胃腸にくるからね。」


柿の木の下で
昼下がりの笑恵館のお庭で、言い出しっぺ伊藤さん(みさっち)と。娘はシャボン玉が大好き。
太い幹が見えているのは、渋柿の木。「実を欲しい方はご自由にどうぞ」と立て札が。
「以前、ぬか床に渋柿を入れると渋が無くなるかなと思い、実験したなー。」と話すと、
「マクロビでは渋は強い陽性。だから陰性の酒(焼酎)を塗って中和するんだよ。」と律子先生が教えてくれました。


ハヤト瓜のぬか漬け
ハヤトウリのぬか漬けが好評でした!左下はブロッコリーの芯のぬか漬け。

ハヤト瓜
実家から送られてきたハヤトウリ。皮は剥かずに、縦に割って、種を取ってからぬか床に漬けます。
浅漬や炒め物に合いますよ。


ところで、ぬか漬けは、やはり陰性なんですって。塩自体は陽性なのですが、そもそも菌類やきのこ類は陰性なのです。味で言うと「酸味」も陰性なのです。
だから、食べ過ぎは体を冷やしますね。これからの季節は、ぬか漬けを食べ過ぎないことと、茹でた野菜をぬか床に入れることを心がけようと思いました(火を通すことで陽性に近づく)。


*陰陽とは・・・”宇宙の秩序”を理解する為に、日常生活で使い易い物事をはかる物差しに言い換えたのが陰と陽。
全てのこの世のものは陰と陽のバランスにより成り立っている。この陰陽を理解し、応用することにより、宇宙秩序に沿った自然な生き方ができる。

  ▽(陰):拡大、拡散する力
  △(陽):収縮、固まる力

陰陽は、あくまでも比較論。完全な▽△は存在せず、それぞれの比率により物事の状態が変化する。陰陽理論を用いて、崩れたバランスを中庸に戻す。




ずっと疑問に思っていたこと・・・。

息子がまだ2歳前、息子の周りの友だちが、私の漬けたぬか漬けをたくさん食べる様子を見ていたお母さんたちから、「うちの子、普段こんなに野菜食べないのよ!ぬか漬け教えて!!」と言われたことがきっかけで、ぬか漬けマラソンを始めたのでした。子どもって、どうしてこんなにぬか漬けが好きなのかしら??

その答えが見つかったと思いました。

つまり、子どもはすごいスピードで成長する=広がっていくイメージ=陽性  
だから、バランスをとるために陰性の食べ物を好む。
砂糖、ジュース、アイスクリーム、化学調味料!・・・・・・
それにぬか漬けも、陰性の仲間に入りますから。


もともとマクロビオティックは、明治時代の軍医・石塚左玄の食養正論を、桜沢如一が発展させたもの。
左玄の時代は「陰陽」はまだ唱っていなくて、食物に含まれるカリウム:ナトリウムの割合が5:1になるようにするのが良いとし、それが中庸の指数だった。それは人間の血液の成分割合だそうで、それと同じに近づけるのが健康になる、と考えられていたのだ。


いやー、奥深い食養の世界。

律子先生は良く言います。「私が習ったマクロビの先生は、とにかく動きが奇麗。手さばき、身のこなし、見ていてうっとりする。」

きっとそうだろうな、と思います。だって、律子先生のお料理の味だって、感動しますから!

やばい。すっかり感化されてます、ワタシ・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム