昨日の講習会風景と。

暑くなったり、寒くなったりしてますね。
昨日は夏のような日差しの中、世田谷・池尻の『やさしい手』本社さんまで、自転車にぬか床を乗せて行ってきました。

この会社は、在宅・訪問介護やヘルパーさん、家政婦さんなどの派遣事業をされている会社で、今回はスタッフさん向けの講座を企画していただいたのでした。

実は私も、この会社のスタッフさんに、産産サポート(産前産後のサポート)に来ていただいたことがあって、すごく良い人でしたから、この会社には良い印象を持っていたのでした。

やさしい手研修会議室
会場は会議室。試食タイムには、持参したランチョンマットをテーブルに敷きました。

やさしい手研修20141003
写真右上は実家の父が畑で作ってくれた「ぼっちゃんかぼちゃ」のぬか漬け。人参は左下。
乗り切らなかったキュウリ、さつま芋、オクラ、長芋は別のお皿に。


「思いがけないいろんな野菜を、今までにないぬか漬けの味に・・・びっくりしました!」
「おにぎりまで 心遣い ありがとうございました」
「ぬか漬けは大好きなので若い頃から漬けておりますが、失敗しないやり方、もっと美味しく食べられる方法があればと参加いたしました。大変参考になりました」
「かぼちゃ、さつま芋、えりんぎ、高野豆腐、干し椎茸など 思ってもみないものを入れてもいいのには驚きました。天地返しのやり方も勉強できて良かったです」
「生の米ぬかは、懐かしい香りがして、ふわ〜として、美味しかったです。ぬか床も野菜も、とてもきれいな色でした」
「色とりどりでキレイなので、お正月にもいいかも、と思いました」

など、アンケートに嬉しいお言葉をたくさんいただきました。
9名の参加者の皆さん、スタッフさんたち、どうもありがとうございました!!




さて、山形県大蔵村のグリーンライスファームさんから、新米が届きました。

うれしい、うれしい、うれしいな♪!あー、お米大好き。神様、ありがとう。

2014新米届く

いつも新米を送ってくださるときには、1本の稲穂を入れてくれるので、ありがたく拝んで、家族の健康を祈り、1年間飾っておきます。

今回はキュウリのしょうゆ漬けのおまけがついていました(^^)

箱の底に、10Kgのつや姫(玄米)、左に5kgのつや姫(3分搗き)、そして右には米ぬか1kg。
この農家さんは、1kg程度なら生ぬかをサービスしてくれます。
あ、ぬか床作りや足しぬかには、炒りぬかではなく、風味の良い生ぬかをオススメします。

こうして産地直送米を買うことで、美味しいお米と、美味しい生ぬかが手に入りますので、スーパーでブレンドされたお米を買うよりもオススメですよ。

ただ、生ぬかは日持ちがしません。3〜4日で変質してしまうので、使わない分は、すぐに冷凍か、7%程度の塩を混ぜて密閉して冷蔵しましょう。そうすれば半月〜ひと月は持ちます。真夏には生ぬかから虫がわいたりするので、米ぬかを送ってもらうことは避けた方がいいかもしれません。

一番いいのは、玄米を買って、自宅で精米したぬかを使うことです。また、信頼できるお米屋さんがお近くにあれば、そこで例えば5kgのお米を買い、白米まで搗いてもらえば、500g弱の米ぬかがとれますので、それをもらってくることです。

スーパーなどで売っている、「ぬか漬け用のぬか」は、生ではなく炒りぬかで、保存性を上げるために塩や添加物が入っていることも多く、また鮮度も定かではないので気をつけましょう。



《お知らせ》
10月18日(土) 11:00−13:45 『マクロビを学ぼう!味わってみよう!』 @笑恵館  
http://nukaman.blog99.fc2.com/blog-entry-343.html    参加者募集中です。


◆ぬか漬け講習会@おかべ自宅(東急世田谷線上町駅徒歩4分)
10月20(月) 10:45−13:00 開催します! (現在名)
詳しくはこちらをご覧ください。http://nukaman.blog99.fc2.com/blog-entry-304.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム