2014夏休み その2

3日前から京都に帰省しています。昨日は、五条の陶器市に行ってきました。

五条陶器市にて 磁器
こんな可愛い器たち。私はやっぱり陶器より磁器の方が好みかも・・・と思いました。この器を作っている作家さんとは同性・同世代で、つい話し込んでしまいました。「君はこういうところで仲良くなる才能があるねえ。」と主人に言われてしまいました(^_^;)
私は、気になる器を見つけると、「これはどんなイメージで作ったのですか?」と作家さんに尋ねることにしています。すると意外な答えが・・・。例えば、「みなさんご飯茶碗ですか?と聞かれるんですけど、私は毎朝チャイを飲むんです。だからティーカップよりは大きい、ボールのような形にしたんです」「これはワラビもちなんかを食べるときの器をイメージしました。きなこって飛ぶでしょう?だから平たい皿よりも、こんな形なら良いと思いまして」(写真最上段一番左の器) 
こんな会話が、すっごく楽しいんです♪!

ひと昔前は、「○○焼き(清水焼、九谷焼、など)が好き」という言い方をする人が多かったのですが、今は作家さん目当ての方が多いそうですね。
実際、昔は流通事情が悪かったので、その土地の土を使って焼き物をしていましたが、今はあちこちから土を集めてブレンドして、その作家さんが目指す器を作ることも多いそうですから、うなずけますね。


三年坂
五条坂を登っていくと、清水寺がもうすぐそこ。私たちは、そこから三年坂を下って行きました。

阿古屋茶屋
あ、ここで食べれば良かった!と気がついたのは、昼食を他で食べてしまった後でした。
『阿古屋茶屋』(あこやじゃや)は、三年坂と二年坂の交わるところにあり、お茶漬けバイキングが食べられます。なんと、お漬物とご飯が食べ放題で、¥1300!!!
お漬物をご飯にのせて、お茶をかけて”お茶漬け”にします。種類豊富なお漬物たちに、びっくりされるはずです♪
私たちが結婚する前から、もう15年以上前から、この場所にあり、メニューも同じです。


留守中のぬか床
自宅で留守中のぬか床には、塩分をちょっと濃くするために塩をぬか床に混ぜて、表面にもご覧のように塩をまんべんなく振りました。2週間強の留守ですからこのくらいの処置で良いのですが、表面にラップをかけるのを忘れていました。かけておけばなお良かったのですが、おそらく帰って蓋を開けたらみっちりと産膜酵母が張られていることでしょう。


皆さん、良い夏休みを!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム