藤野にて 夏の仕事(味噌の天地返し)

8月頭に、藤野の実家に帰省してきました。

縁の下の味噌
味噌樽は、縁の下の涼しい場所に置いています。土埃だらけになりますが、ビニールを被っているので中はきれい。
「今年の味噌、仕込んでからまだ1回もフタを開けて見てないのよー。」と母に言われて、恐る恐る開けてみると・・・。


重石をしたかった為に・・・
うわー予想以上にカビや産膜酵母が生えていました(^_^;)
「そう言えば・・・、中蓋をした後、重石をし忘れたせいじゃないかしら」と母が言っていました。

でも大丈夫!
でも大丈夫。味噌の上に載せてあった酒粕をめくると、味噌にはほとんど影響なし。周りに残ったカビをきれいに取り去って、天地を返せばOKです。


きれいな晒に酒粕を入れ直して
きれいな晒に酒粕を入れ直して、上に赤唐辛子を3つ置き、中蓋&重石をして、格納します。今年の12月くらいから食べごろになるでしょう。



ブラックベリー
庭になっている、食べごろのブラックベリーを取ってきてね。

ジャムを作るとき、種が気になるので、煮る前にすり鉢でゴリゴリやってみましたが、全然歯が立ちませんでした。
結局、やや目の粗いこし器でこしてから煮ると、上品で美味しいジャムになりました。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム