最近の出来事から

経堂駅前で、◯◯生協さんがリアカーに野菜を載せて移動販売していました。ブルームきゅうりや短大根などを買ったのですが、「何に使うおつもりですか?」と聞かれたので、「お漬け物なんかに。」と答えると、「もったいない!ぜひそのまま味わってみてください!」と言われてムッとしてしまいました。

こういう言われ方をしたのは、2、3度ではありません。漬けものはまだまだ低く見られてしまうのだな〜と思いま
す。

ぬか漬けは、臭い、面倒、余った野菜を漬ける、なんていう悪しきイメージが依然あると思います。でも、コツを得て上手に漬けたぬか漬けは、全く臭くないし、生で食べて美味しい新鮮な野菜を漬ける方が、断然美味しいのです。上手に美味しく漬けられるようになると、お手入れも面倒ではなくなってきます。

もちろん、お手入れの仕方にはコツがあり、理論があります。それを知らないで、やみくもに余計なものを入れたり、かき混ぜ過ぎたりして、せっかく育てたぬか床をダメにしてしまう人があまりに多いのです。
ですから、ぬか漬け講習会では、お手入れのひとつひとつについて「なぜそうするのか」を皆さんにお教えして、頭で理解していただいて、自信を持ってぬか床を育ててもらいたいと思ってやっています。
それから、毎日食べ続けるものですから、飽きないように、ぬか漬けの活用法なども、お伝えしています。

実際、講習会に参加して、生まれて初めてぬか床を育てた人でも、「1年たちました〜!!」と嬉しい報告をしてくださる方もいます。
これからも、ぬか漬けファンを増やしていきたい、と思っています!!

ぬか漬けさん
ある日の我が家のぬか漬け。


今日は初心にかえったようなことを書いていますね・・・。


そういえば、ぬか漬けマラソンを始めようと思ったころ、こんなことも考えていました。
  「お漬け物がもっと市民権を得られるようになったらいいな。」

・・・例えば、定食屋さんや料亭で出される漬け物が美味しくないと、他の料理がどんなに美味しくても、がっかりしますよね?
駅弁とか弁当類にスペースを埋めるためだけに、あるいは彩りのためだけに入っているような、お粗末なお漬け物は、なんとかならないものかしら、と。

冒頭で書いたように、お漬け物を低く見る人が多いのだとしたら、お漬け物の美味しさがちゃんと認知されていない、ということです。
美味しさだけではありません。特にぬか漬けの栄養価は驚くほど高く、世界に誇れる日本の代表的な醗酵食品と言えます。

「どうでもいいお漬けもの」はもう要らない! ちゃんと市民権を得て堂々と、あるべくしてそこにあるお漬け物を、私は食たい!!


そんなことで、ぬか漬けに限らず、お漬け物を愛する私ですが、とりあえず今は、『一家に一台、ぬか床。』を目指して活動しております。


☆ 『ぬか漬けマラソン』は、世田谷区保健所の『せたがや健や化プロジェクト』(健康づくり活動奨励事業)の支援事業です。


テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム