たくあん漬けを作ろう!

だんだん寒くなってきました。そろそろ冬支度を始めなければ。

冬の味覚といえば、大根。

皆さんは、11月下旬から12月中旬にかけて出回る干し大根を見たことはありますか?
漬物用に練馬大根や新八州なる大根があるそうです。それらは細身で、たくあん漬けにはもってこい。収穫したら、冷たく乾いた風に10日間ほど当てて干すのです。

大根干し_convert_20091026232940


今年は、世田谷区と縁組協定を結んでいる群馬県川場村産の干し大根を使って、本漬けたくあんを作ろうと思います。ご一緒に漬けてみたい方、あるいはやり方を知りたい、漬けるところを見たいという方は、是非ご参加ください!
また、ただ見るだけでもつまらないと思ったので、本漬けたくあんほど難しくない、簡単なぬか漬けたくあんもご紹介します。こちらは参加者の方みなさんにも実際に漬けていただこうと思っております。

ぬか漬けたくあん: 生の大根を漬けて、2週間程度で食べられます。
本漬けたくあん: 干し大根を2ヶ月間以上漬け込む、本格的なたくあん。ある程度の漬ける量が必要です。

たくあんって、ぬかに漬ける"ぬか漬け"の仲間だって知っていましたか?!(笑)。
以下、イベント詳細です。


ぬか漬けマラソンPRESENTS
      ワークショップ 「たくあん漬けを作ろう!」

<日時> 2009年12月13日(日) 10:00~11:30

<場所> 三軒茶屋キャロットタワー4F ワークショップルームA+キッチン

<内容> 
1)ぬか漬けたくあん実習(全員参加)
2)本漬けたくあん実演(講師+参加を希望する方)
3)ぬか漬けたくあん試食(ぬか漬けマラソンで用意。ご飯、汁物*、お茶が付きます)
 *川場村産の干し大根を使ったお汁をご提供する予定です。

<持ち物> 角型ねじ式漬物容器 大きさは問いません。
       (川場村大根(生)、米ぬか、塩、ザラメはこちらでご用意します)
   *本漬けたくあんをご一緒に漬けたい方には、ご用意いただくものを別途お知らせします。
   *川場村産干し大根の購入を希望する方は、事前にお申し出ください(数に限りがございます)。

<参加費> ¥1,300 
  ☆上記金額は、「本漬けたくあん」に参加されてもされなくても、一律です。    
  ☆お子様連れ可(特別なご用意はありませんが。試食はご提供いたします)
  ☆お子様のお相手として同伴される大人の方に関しては、お一人様¥200を追加していただければ、試食をご提供させていただきます。



~川場村について~
記事頭の干し大根写真は、写真家;飯田裕子さんの写真です。
http://yukoiida.main.jp/

川場村の写真を撮り続けること20年。そんな飯田さんが今年撮った写真を展示した、川場村写真展(H21.10.20~25世田谷美術館)に行ってきました。そこでは、日本の"村"が市町村統合で消えていく中で、豊かな自然風景や村里の暮らし、素朴で心温まる伝統行事などを残してきた川場村の色々な表情を見ることができました。
最後の養蚕農家の仕事場とご夫婦の写真。継承者がいなくて荒地となっていた棚田を借りて、田んぼを復活させた世田谷区民たちの、笑顔で田植えをする写真。「私たち世田谷区民は、村から自然の恵みを享受するだけでなく、村を守っていく責任がある」と、東京農大教授の言葉がかいてありました。
私はこの写真展で、いつも区のお祭りなどで美味しい野菜や果物を売ってくれている川場村を、より身近に感じることができました。そして私も何かしたい、と思ったのでした。そこで、今回のイベントでは川場村産の大根や米ぬかを使って、たくあん漬けを作ることにします。


ご予約・お問い合わせは、
 「ぬか漬けマラソン」代表 おかべ なおえ まで。 
  nukadukemarason@gmail.com

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム