かっぱ橋で買ってきました

クリスマスイヴに、かっぱ橋道具街でショッピング(初!)してきました。

かっぱ橋(合羽橋)とは、東京都台東区にあり、食器具・包材・調理器具・食品サンプル・食材・調理衣装などを一括に扱う道具専門の問屋街の事で、その規模は日本一だそうです! 銀座線田原町駅から、すぐでした。

主人が最近仕事でその界隈に良く行くそうで、面白いから行ってみな、と言われて。

目抜き通りは全長1kmほどでしょうか。道の両側にずらっとその筋の店が並んでいるので、往路はこちら、復路はあちら、というふうに歩きました。
何軒かの店を見て相場が分かると、あとは雰囲気のいい店で即買いしていかないと、寒さによる体力消耗で結局何も買えなくなってしまうと思いました。

2時間くらい、そうして買ってきた物たちと、主人が買ってきた物を合わせて記念撮影。
戦利品

右奥は、直径18cmの蒸篭(セイロ)。フタ/本体ともに各500円。鍋は家に有るもので間に合わせよう。
さぁて、蒸篭を使いこなせるようになったら、電子レンジを処分できるかしら?

手前右から、
おでん用おたま550円
先細おたま100円
シリコン使いのトング600円
箸ケース150円
桜の木の皮をあしらった箸380円

ここまで、私が買ってきた物たち。値段まで書かなくて良かったかしら?(笑)。
本当はもう少し買いたい物もあったけど、まずまずの戦利品です。


9号土鍋と1合徳利、器は主人が買ってきたものです。
こういう形を「洋風土鍋」と言うんでしょうか。フタの取っ手が平べったいせいで、(フタを取って)置くと不格好に揺れてしまいます。でも底が平で、今まで使っていた9合鍋よりも、容積が大きいように思いました。これなら、おでんにもちょうど良いです!
店主に11合土鍋も見せてもらったところ、とんでもないデカさだったそうです(^_^;)


DSC04225.jpg
(右)本当は酒器なのでしょうけど、こうして黒豆を盛ってみると量的にもほど良く。

(左)黒豆の煮汁はいつも困るのですが、ホットミルクに少し入れてみたら、なかなかの味になることを発見!
やや黒くなりますが、ココア感覚でイケます。
(でも、子どもには黒豆の汁が入ってることを知らせない方が良いかもしれません・笑)

その他、鶏レバーとひじきの煮付けに、黒豆の煮汁をたくさん使ったりします。

皆さんのとっておき黒豆の煮汁活用法があれば、ぜひ教えてくださーい!!

テーマ : 生活の中で
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お友達がとてもおいしい黒豆煮をくださいます、煮汁は寒天で固めてゼリーになっていて、どちらも子供と奪い合いながらおいしくいただきます。

No title

accoさん、なるほど、黒豆汁の寒天ゼリーですか!
水ようかんに似た感じになるのかな・・・? やってみます!!
プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム