モクモク手作りファーム その2

宿泊施設は、ファームの隣の敷地に31棟あるコテージ。かわいい~!
コテーシ#12441;外

わたしたちはキッズコテージに泊まりました。
ロフトか#12441;あるよ
ロフトがあって、子どもたちは大喜び♪ おもちゃや絵本もたくさん用意されていました。

お部屋のヘ#12441;ット#12441;風景
家族4人で川の字になって寝ることができる大きなベッド。

お米とかえるの家
各棟には名前があって、私たちが泊まったコテージは『お米とかえるの家』でした。
ベッド上の額の絵には、ちょっと良いことが書かれていました。「今、私たちが食べるお米の量は40年前のたった半分。食べる量が減ると、お米を作る田んぼもカエルも減ってしまいます。お米とカエル。豊かな日本の風景・・・。」


ハンモック
ハンモックっていいな~。


もともとは、伊賀の養豚農家が集まり1988年に「ハム工房モクモク」として創業。でも始めは、田舎の山の中にあるハム工房に来てくれる人はほとんどいません。でも自分たちの作ったハムやウインナーを多くの人に知ってもらいたい、食べてもらいたい、という思いから、このモクモク手作りファームが始まったのだそうです。


あらゆることで分業化されている世の中。でもモクモクは、原点に立ち返ることの大切さ、手作りすることの大切さ・楽しさをあらためて教えてくれたような気がしました。
子どもたちにも、とても分かり易く大切なことを伝えられるなあ、と思いました。



モクモク手作りファームHP:http://www.moku-moku.com/

テーマ : ☆夏休み☆
ジャンル : 育児

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム