昨日の講習会&ランチと蓮根のぬか漬け

昨日は、自宅にて講習会がありました。
雨の中、4人のお母さんたちが集まってくれて、3人はぬか床を作るところからやりました。
もうひとりは、以前に講習会に参加した人で、もう1年間続いているけれど、まだ自信がないので、見てほしい、ということで来てくれました。

容器が、いろいろあるけれど、手で側面を押したときにへこまないくらい、しっかりとした堅さのある容器が良いように思います。最近は、押すとへこんでしまう、柔らかいプラスチックの容器が多いようですね。
なぜ柔らかい素材の容器が良くないかと言うと、①特に水気が少ないぬか床の場合、ぬか床を持ち上げたり混ぜるときなどに側面が歪み、そこから全体に空気が入り易くなる ②外からの温度変化をダイレクトに伝えてしまう 

ぬか床には、必要以上に空気を入れない方が良いのです。乳酸菌は、空気を入れることで死滅していきます。だから、日々のお手入れでは、上下を返すだけで十分なのです。


1年間続いているというぬか床を拝見すると、色も質感も良かったのですが、ぬかを少し食べてみると、塩分が少なかったので、大さじ2杯くらい足しました。また、ニンニクの香りを強く感じました。ひとつ入れただけでも、こんなに強い香りになるのか、と思いました。これは好みですが、私は、ニンニクは入れません。


参加していただいた方から、ご丁寧な感想をいただきました。

子供に囲まれた、有意義な中にも温かな会でした。私はまったくのぬかづけ初心者ですから見るもの聴くことすべて新鮮でした。機会をいただけて感謝しています。
ごちそうしていただきましたぬかづけは、本当においしかったです。私はゴボウや固めのかぼちゃがおいしかったです。私にもできたらなあ、と思います。
うちへ帰り、ぬかどこがうちの台所にあることが何だかうれしかったです。明日かきまぜるのが楽しみです。でも、いろんな野菜を漬けることは意外とたいへんかも。最近は色々な問題もあり野菜の選び方も難しいし、結構発明的な思考というか、考えてやらないとおいしくならないというか。定番の胡瓜などだけでなく、いろいろ漬けるとおいしいのでしょうが面倒もともないますから日常的に継続する難しさがあるでしょうね。でも!まずはやってみます!!



ありがとうございました~~~!!!! 



ところで、、、
レンコンのぬか漬けは、皮ごと下茹でしてから漬けますが、皮の色が黒くなることがありませんか?↓こんな風に。
黒いレンコン

実験してみたところ、そのレンコンの性質もあるようですが、きれいな白っぽい皮の色を出す確率が高くなる方法が分かってきました。

まず、レンコンは洗ってタワシで強くこする。
次に、米のとぎ汁か、ぬかをひと掴み入れた水を沸かし、レンコンを投入する(レンコンがかぶるくらいの水量が必要)
中火程度のまま、フタはせず、3分程度(大きさや堅さの好みによって時間は加減)茹でる
湯からあげたら、すぐに冷水で冷ます

これで、比較的きれいな色が出るように思います。どうも、お酢を入れてもあまり変わらないというのが私の実感でした。
れんこんのぬか漬け 皮きれい
ね?レンコンの皮もきれいでしょ?

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム