アースデイ in 調布 参加報告

2012年5月12日、『アースデイin調布』に参加してきました。

その1;ぬか漬けの話題

東京にしがわ大学のみなさんとぬか漬けを売ってきました。なんと・・・完売御礼です!!
フ#12441;ース

3月にぬか漬けの講座を東京にしがわ大学で開催して、そのときに初めてぬか漬けを仕込んだ人たちが、人様に売れるようなぬか漬けを仕込めるようになったんです\(^^)/ とても誇らしい気分でした!! 参加した学生のみなさんも、「美味しいって言ってもらえると、嬉しい!♪」と、目を輝かせていたのが印象的でした。私も、ぬか床に入るだけのぬか漬けを、食品用袋(大)×5 に入れて持って行きました。が、さつま芋のぬか漬け一袋分を、家に置き忘れてきてしまったようでした(笑)。相変わらずおっちょこちょいな私(><。

ぬか漬けは、持ち寄ったものをミックスして、一皿¥100で売りました。きれいにPOPを付けたり準備してくれたスタッフのみなさん、ありがとう。
人参苦手な小学生の女の子が、「これなら食べられる!」と言ってくれたことを、スタッフさんが教えてくれました。わ~、嬉しい(パチパチ)!!
少女か#12441;味見

その2:映画『セヴァンの地球のなおし方』*の話題
調布でのアースデイは、今回で25回目。イベントのテーマ『地球のなおし方』と聞くと、地球環境を守るにはどうすればいいか、、、そんなことだろうと思っていました。けれども、世界初の環境サミット(1992年inリオデジャネイロ)で12歳の少女、セヴァン・スズキさんが行った伝説のスピーチの中の、「どうやって直すのかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください」という世界の共感を呼んだ言葉にちなんでつけられたテーマだと知って、なるほど、と思いました。もっとも、私はそんなに有名なスピーチがあったこと自体知りませんでしたが(^_^;)

イベントの中で開催された映画『セヴァンの地球のなおし方』上映会。後半だけ見ることができました。日本とフランスで子どもたちの未来を救うために「食」を守り続ける人々を追ったドキュメンタリーで、随所に、環境サミットでの名スピーチをするセヴァンちゃんの映像が映し出されました。いや、本当に彼女の言葉には力があります!だって、「あなた方大人は、本当に子どもが大切だと思っているのですか?!」と言われては、誰も反論できません。「私は、大家族の一員です。それは、虫や、動物、地球上に住むありとあらゆる命の大家族の一員です。このことは、誰にも変えることの出来ない事実なのです。」・・・確かそんなことを言っていました。

そして、今では母となったセヴァンさんは言います。「母なる大地を守らなくては、という気持ちは分かりますが、私の考えは違います。地球は自力で生き残れる。私が望むのは、幸せで健康な生活です。大切なのは生活の質と健康、そして子どもなんです。だから私は自己中心的に、自分たちをどう救うかを考えていきたい。」

う~ん、説得力ある!! もっと身近な問題なんだよ、ということ。

そして、彼女が言った印象的な言葉。「母になってみて、もうそれ以前のことは思い出せないくらい。子どもを持ってみて、世界中の母親に対する尊敬の念は日に日に強くなっています。」

おお、今日は母の日だった! お母さん、ありがとう。。。


その3;おむすびアートの話題

おにき#12441;りアート完成
今回のアースデイでは、福島大学の学生さんらによる、”おむすびアート”が行われました。昨年福島県喜多方でとれた安全なコシヒカリ(放射能検出限界1ベクレル、低農薬、有機栽培の米)を使っておむすび2000個をにぎり、それで絵とメッセージを描くというもので、おむすびアートのギネス記録にも挑戦。

「元気に頑張ってるから、美味しく安全な福島の農産物を買ってね!」というアピールかあ・・・。被害にあって、困っている人たちからこのような無償のプレゼントをもらえることに、正直言うと何か歯がゆさのようなものを感じました。悪いのは東電や政府であり、農家の人たちではない。でも、農作物は売れなくなっている。もしかしたら、手間ひまかけて育てた、こんなに美味しいおむすびのお米は、売れなかったお米なのかもしれない。なんだか涙ぐましいなあ...と。 でも、放射能の被害にあっている地域で、農業や畜産業などを続けて行くためには、その農産物ごとに細かく放射能を測定して、公開していくしかない。安全で美味しいと判断した人たちに、買ってもらうしかない。おむすびをもらった人間として、その切羽詰まった思いは、くみとってあげよう、と思いました。

また、こんなチラシも見ました。
放射能測定
これは、調布市の市民団体が、「被災地の農産物を支援するために、自主的に放射能測定をしていく準備をしている」というものです。市民から依頼を受けた検体の測定をしたり、学習会を開催したりするそうです。

なんにしても、まさに放射能汚染というのは、『どうやってなおすのかわからないもの』ですね。


さて、東京にしがわ大学で、再びぬか漬けマラソンの講座を企画中です!乞うご期待!!!!

【参考】
FaceBook ぬか漬けマラソングループ (誰でも閲覧できます)
http://www.facebook.com/groups/Nukazuke.Marathon/

*映画『セヴァンの地球のなおし方』は、DVD化されるまであと1年くらい先になるそうです。

テーマ : 震災救援・復興
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございました

12日はたくさんのぬか漬けを持ってきて頂きありがとうございました。

3月の授業「ぬか漬けマラソン」をコーディネートさせていただいてから2ヶ月。
みんながここまで続けて、こうして販売に至るまでになったのは、なおえ先生のおかげです。
ぬか漬けを作っている人も食べた人も、大人も子供も幸せそうでとても嬉しかったです。
少しずつそして確実に、ぬか漬けマラソンの輪が広がっていると思います。

あの夜、「おむすびアート」の企画者や、「セヴァンの地球のなおし方」を観て考える授業の先生(セヴァンとは古くからの友人)とお話ししました。
みなさん、それぞれの立場から原発事故の起きた日本や世界の環境問題について、さまざまな想いを持っておられました。

食もふくめ私たちは身近なことから少しでも、本当の意味で豊かな生活をおくる事を目指し、また、それが困難な環境にあるひとの痛みと解決方法をみんなで考えることが大切なのだと思いました。

こちらこそ!

思いがたくさんの人に届いて、素直に嬉しく思っています。

でも、私の方こそにしぼんさんにお礼を言うべきです。
ぬか漬けマラソンに価値を見いだしてくれて、授業を企画してくれて、多くの人を呼んでくださいました。
また、ITに明るいにしぼんさんのおかげで、「講座を受けた人のアフターフォローをしていきたい」という希望が叶ったように思います。FaceBookのぬか漬けマラソングループを通して、参加者の皆さんは思い立ったら気軽に質問や情報交換ができるのですから。これまでは、メールで質問をしてください、と言っても、なかなか質問がありませんでしたからね(^_^;)
これからのぬか漬けマラソングループは、講座を受けていない人でも、もっと多く参加してもらえたら嬉しいです!!

コメントの最後の文章、じ~んときました。本当に、そうですね!
プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム