京野菜

京野菜で良く知られているものには、京水菜、壬生菜、九条ねぎ、万願寺とうがらし、賀茂なす、聖護院大根などがありますが、他にも、京たけのこ、伏見甘長とうがらし、鹿ヶ谷かぼちゃ、堀川ごぼう、金時にんじん、・・・まだまだあります。
ところで、京野菜って、何をもって京野菜と定めるのだろう?という疑問がありました。

12回目の結婚記念日に私たち夫婦で訪れたのは、京都上賀茂にある、京野菜を使ったおばんざいが味わえる『萬川』。
まんかわ
このお店で手にしたガイドブックには、京野菜についての基礎知識や、京野菜提供店が紹介されていました。
京都府では、38種類の「京の伝統野菜」を定め、その保存と生産振興に努めてきたそうです。また、主にその伝統野菜の中から、優れた品質が保証され、一定の生産量があって市場流通が可能なもの、さらに栽培方法が安心・安全であるものを「京のブランド産品」として21品目認定し、ブランドマークを貼って品質の確保に努めているそうです。
京野菜は、古来の品種の良さを受け継いでいるので、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養成分が一般の品種に比べて大きく上回っているというのです。
花菜
例えば、これ。“菜の花”ではありません。“花菜”といいます。からし酢味噌和えは、もちろん白味噌で。程よく茹でた花菜を、おそらく最初は出汁に浸しておいて、食べる直前に甘めのからし酢味噌で和えます。
さて、この花菜、京都市内のスーパーでも売られていたのですが、お値段は“菜の花”の2倍くらいしました。でも、よく考えてみてください。美味しくて、安全で、しかも栄養価が高いのなら、こっちを選びますよね?とりもなおさず、京野菜を買うことは、生産している地元の小規模農家さんを支えることにもなるのですから。小規模農家さんを守ることは、均一化された野菜だけでない豊かな食卓を守ることであり、ひいては、豊かな日本の景色を守ることでもあります。
水菜
水菜のサラダ。鍋物に入れるより、生で食べる方がはるかに好み♪

聖護院
聖護院大根のふろふき。たっぷりの味噌に焼き目を付けて、まるで鶏の皮みたいに見える(笑)。

えひ#12441;芋
えび芋の揚げだし。ものすごく柔らかくてうんまい!

ランチのコースでいただきましたが、どれも美味しくて、コストパフォーマンスが良いことも、おすすめしたい理由です。
    

お店をおいとまする際に、店長さんに気になっていたことを聞いてみました。「京野菜は、種も自家採取しているものに限られる、なんていうことはありますか?」
すると、店長さんはこう言いました。「いや、京野菜を作っている農家次第ですけど、だいたい半分くらいの農家が種も自分とこで作ってるのとちゃいますか。そやけど、このあたり(上賀茂)は7割くらいがおそらくそうですねえ。ほら、上賀茂神社へ奉納するために昔から作ってはったんで、やっぱりほんまもんを作らにゃあかん、ってんでしょうねえ。」

へー!!そりゃすごい。7割も自家採取の種を使っているなんて!!!さすが世界に誇る日本の京野菜だ、と感心したのでありました。


えー、、、、自家採取の種かどうかが、どうして気になっていたのかというと、『スローフードな日本!』にこう書いてあったからです。「アジア、アフリカ、インド、南米では七~八割以上の農家が、自分で種を採りながら農業をしている中、今や先進国のご多分に漏れず、日本でも、果物や米の九割以上がF1化*している。」

* F1・・・「First Filial Hybrid」「一代雑種」。育て易い、収穫し易い、皮が硬くて運搬・流通させ易い、などの好条件な特性を合わせ持つ種。しかし、メンデルの法則のひとつ「優性遺伝の法則」で教わったように、このF1種は、そこから種を採って育てたところで、次の世代では、劣勢の形質も現れてくる。そこで、安定した収穫・収益を上げようと思う農家の多くは、少々高くてもF1種を毎年、種苗業者から購入することになる。


この種苗業者というのも、一概には言えませんが、どうも考えもののようです。種苗会社の畑のほとんどは、国外にあるようですから。「国産」の野菜でも、タネは輸入もの。こんなことって、あって良いのでしょうか?!
この件に関して、すごい人を見つけました↓
http://www.lohasclub.org/800/800_15.html

《 紹 介 》
萬川HPhttp://www.mankawa.jp/index.html
『スローフードな日本!』新潮文庫 島村菜津著

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム