ぬか漬けマラソン@にわ大

2012年3月10日、この日は朝雪が降っていましたが、調布へ向かう頃にはやんでいました。
過去にない、大量のぬか漬けを漬けたぬか床3台をベビーカーに積んで、いざ『森の食堂』へ!!


東京にしがわ大学主催のぬか漬け授業。
集まったのは、学生33名と、スタッフさん他合わせると総勢40数名。
この人数のぬか漬けって、どう仕込んだら良いやら、、、と当初悩んだあげく、大根はぬかみそに漬けず、別途たくあんとして漬けて(でもこれもぬかで漬ける”ぬか漬け”!)。またぬか床から出しても比較的味が持つさつま芋は、1.5日前に引き上げて、そこに一番早く漬かるキュウリとりんごを漬けて行ったのでした。さつま芋はぬか付きのままビニールに入れておいて持って行きました。


授業の始めに”アイシング”といって自己紹介をしてなごやかに。みなさんいろんな活動をされていて、「山に登る人は一緒に行きましょう!」「ノルディック・ウオーキングやりませんか?」「今度鉄道のイベントを企画しているのでぜひ!」といったように、聞いていてもワクワクしました。私も子育ての手が離れたらぜひ参加したいです!


授業が始まると、みなさん真剣。そして質問も活発にいただき、やり易かったです。
ぬか漬けをぬか床から次々と出す”ぬか漬けパフォーマンス”では、皆さんの驚きの顔を見るのが快感でした(うふふ♪)

にわ大の写真スタッフさんが、たくさん撮影してくださっていたので、授業の様子はこちらから見れます↓
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.391656024195614.103261.266517890042762&type=3&l=500a2596c7

今回はみんなでぬか床も作りました。大量の生ぬかや水を背負ってきてくださった西川さんはじめスタッフの方、ありがとうございました!
ドキドキしながらぬか床を作っている皆さんの様子が微笑ましかったです。
大切に育ててあげてくださいね。


会場を貸してくださったあきゅらいず美養品の加藤さんから嬉しいお言葉をいただき、閉会しました。
加藤さん:「おかべさんのお話で印象に残ったのは、ぬか床のお手入れは、その状態によって違うので、ぬか床が出してくれるサインを見逃さないように、ということ。これは、わたしたち(あきゅらいず)が日頃お客様にお伝えしている、”そのトラブルがどこに由来するものか”を考えてください、ということに通じるなあと思いました。」
全くそうですね、お肌が出すサイン。人健康体でいてこそ、肌も健やかになるんですね。食べ物も重要な要素。だからぬか漬けマラソンの活動にご賛同いただけて、今回快く会場をお貸しいただくことになったのでした。本当に、すてきな場所で出来て、嬉しく思っています。
単に美しく見せる”化粧品”ではなく”美養品”。あきゅらいずさんのHP→http://www.akyrise.jp/



そして、にわ大授業コーディネーター西川さんから、「土曜日に出席した生徒さん達の興奮が冷め止まぬようです。
Facebook 上に「ぬか漬けマラソン」ファン交流グループを作成したいと考えています。」とメールをいただきましたので、お願いしました。グループは、こちらです↓
http://www.facebook.com/groups/Nukazuke.Marathon/
お互いに励まし合う、情報交換することを目的とするグループですので、Facebook登録している方ならどなたでも参加できます!

必然的に、私もfacebookなるものに登録して仲間入りを果たしました!。。。が、まだよくわかっていません。
今後慣れていくしかないですね。

にわ大の皆さん、そしてスタッフの皆さん、ありがとうございました!これから一緒にマラソンしていきましょう!!


《お知らせ》
*3月10日は、毎日新聞の方が取材に来てくれました。おそらく15日の新聞にこの日の取材内容が掲載されると思います。

*3月14日には調布「こまめや」さんで講習会を予定していますが、定員いっぱいなのでアナウンスは控えていました。

その後の予定は未だ入っていませんが、決まりましたらまたお知らせしまーす!

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ぬか床

にしがわ大学のぬか漬けマラソンに参加させて頂きました、池田と申します。少し心配になって来てメールしました!!

捨て野菜3回
今朝ぬか床を味見すると前回の味よりしょっぱい!!
先生は確か、しょっぱくても大丈夫って話していたけれど
順調なのか?今イチ不安。。。。。。。。。

もう、そろそろ本番に野菜漬けても良いのかな?

実際食べてみて繰り返し味を調節でいいかな?




捨て漬け

池田さんへ
捨て漬け中は、野菜に塩をしないで入れていますよね?前回よりしょっぱくなるのは気のせいかな、、、と思います。本漬けに入ってから、ぬか漬けにしたお野菜が美味しいと感じたときのぬかの味を覚えておいて、その味をキープするように心がけてください。今はまだぬかの味見はしなくてもいいですよ。捨て漬けした野菜を、塩抜きして食べたり料理に使ったりすれば、「まだ醗酵していないな」とか、「まだ塩辛いな」と分かると思います。塩分もちょうどよくなるまでは、捨て漬け期間です。なかなか醗酵しないのでしたら、暖房のそばに置くとか、暖かい場所に保管してくださいね。大丈夫です!
プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム