干し大根でたくあん漬け

昨年12月に、叩き売りされていた干し大根。毎年11月中旬~12月中旬くらいに八百屋やスーパーでも売られていますが、買い手がつかいないと、元値の1/5以下で売られてしまうんです。
干し大根を買ってきたよ
葉っぱはやや黒ずんでいますが、大根はちゃんと食べられる!食べてあげなきゃ!
といことで、まずはお酢をしみ込ませた濡れ布巾で1本ずつ拭き、2日間日干し↑

8本あったので、1本は煮物に使い、2本は友人に差し上げました。
ぬかみそ漬けには、干し大根は向かないようです。硬いのと、大根独特の苦みが立ってしまいました。

干し大根て#12441;たくあん漬け
残りはたくあんに。長さを半分に切り、密閉袋に入れて、生ぬか、煮きりみりん、ざらめ、塩で漬け込みました(写真は12月6日漬け込み)。漬け込み後3日間は、常温で重しをして水をあげ、その後は冷蔵庫野菜室で軽く重しをして保管。

たくあん漬け上か#12441;り20120105
3週間もするとしっかり水があがって、味が大根にしみ込み始めました。

たくあん盛りつけ
新年を迎えてから、初物たくあんとしていただきました。
5歳の息子は、「世界で一番おいしいたくあんだ!」と言ってポリポリたくさん食べてくれました。


この速成たくあんは、いつも生大根で作っていますが、干し大根でも作れることが分かりました。
生大根のときは、大根の水分がたくさん出るので、みりんは使わず、ザラメのみを使います。


~干し大根のたくあんのレシピを、ご紹介します~
目安ですので、参考にしてみてください。
私は、ジップロック(大)で今回2袋漬けました。干し大根5本分ですから、材料も2倍です。

《材料》
干し大根・・・2.5本
米ぬか・・・300g
塩・・・60g
ザラメ・・・大さじ3~4
みりん200ml

食品密閉袋(大)


《作り方》
①大根は長さを袋の大きさに合わせて切る。
②大根以外の材料を合わせて混ぜておく。
③袋に1と2を入れて、冷暗所もしくは冷蔵庫で重しをしながら3週間以上漬ける。

*重しは、大根から水を出させるためのもの。軽すぎると水があがらない。水があがってきたら、軽くして、たくあんが食べられる頃には重しは取る。
*保存期間:ぬかを付けたまま冷蔵で1ヶ月。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム