酢大豆

最近話題(?)の”酢大豆”を漬けてみました。
酢大豆_convert_20110715232332

作り方は、簡単です。
1.大豆を洗ってよく水を切る
2.1を、フライパンで20分程度焦がさないようにから煎りする
3.2が冷めたら瓶に入れ、大豆が隠れるくらい(お好みの)酢を注ぎ入れ、フタをする。
4.大豆が酢を吸ってかさが増し、酢より頭を出すようになったら、酢を足す。
冷蔵で4~5日目から食べられる。


上の写真は、すでに5日以上たち、料理にも使ったのでかなり減っています。大豆2カップで作りました。
1日5~10粒程度、食前に食べると良いようですが、私はお料理にも使ってみました。

酢大豆ライスサラタ#12441;_convert_20110715232359
『酢大豆ライスサラダ・蒸し鶏と2色ピーマンのごま和え添え』

=作り方=
炊きあがったご飯に、以下材料を適量加えました。酢大豆を漬け汁ごと適量、ごま油で炒めたジャコ、ぬか漬けの残りものみじん切り、紅ショウガ

子どもも、「おいしい!」と言って食べてくれました。
ぬか漬けは、もちろんぬか床から出したてでも良いのですが、余って冷蔵庫で1日くらい過ごしたものでも、こんな風に食べると、おいしくベロリといただけますよ♪


酢大豆の効果は、美肌、ダイエット、ボケ防止、血管の強化、抗アレルギー、婦人病など、いろいろあるそうです。
酢も大豆も体に良いことは皆知っていることですが、大豆に含まれる良質なたんぱく質を酢が分解して、効率よく栄養を摂取できるのですね。

しかし、漬けて2週間くらいすると、納豆のような香りで、酸味もきつくなってきました。
少量漬けて、早めに食べた方がいいかな、と思いました。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム