2011味噌作り

毎年恒例の、味噌作りが終わりました。

昨年漬けた味噌がまだ残っていることもあって、今年は少なめに、大豆7kg、麹7kg、粗塩2.9kgで作りました。

豆をつぶす_convert_20110301204134
丸一日水に浸した大豆を、圧力鍋で柔らかく炊いて、つぶします。炊くのは1回では無理なので、もちろん何回も。
大きな圧力鍋2台を使って、2台×6~8回(炊き)くらいでしょうか。
豆をつぶす作業は、子どもも手伝います。

塩・麹と混ぜて_convert_20110301203010
豆を全部つぶしたら、麹・塩を混ぜたものと合わせます。
「あ、豆粒が残ってる!」「こっちにも!」・・・ま、手作りですから。息子は、味噌汁につぶし忘れた豆粒が入っているのが大好き。

2011味噌完成_convert_20110301203249
味噌玉を作って別の樽に投げ入れ、できるだけ空気を抜いて表面を均したら完成!
薄く塩をして、唐辛子をのせ、ラップをかけて中蓋をして、重石を載せます。
さらに外蓋をしたら、埃よけの大きなビニールをかけて、風通しの良い縁の下に入れて保管します。
夏前に、一度天地返しをします。

食べられるのは、年末くらいから。実家の両親、兄家族、そして私たち家族の3家族分の味噌です。
特にこだわりの材料を使っているわけではありませんが、義姉は「市販の味噌は食べられないね!」と言います。


実家の裏には、フキノトウが可愛らしく顔を出していました。
フキノトウ_convert_20110301202846
4歳の息子は、『おばけのてんぷら』という絵本が大好きで、実家に来る前の日にも読んだものですから、この日はフキノトウをてんぷらにして食べました。
もう少しすると、このあたりは日陰なので柔らかく美味しいフキがたくさん出ます。ご存知ない方も多いかもしれませんが、フキノトウは、フキのつぼみで、同一の植物です。私も最近知りました(^^;

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム