お月見

9月30日は中秋の名月です。
しかも、今年は満月っていうじゃありませんか!
なのに、台風が近づいてるそうで(^_^;)

そこで、ひと晩早く、お月見をやってしましました。
お月見団子を食べる娘

「東京にしがわ天国」のはらっぱ広場で、フラワーアレンジメントに参加して、お月見用にお花を生けてみました。
奥;ススキ
左;キバナコスモス
中;ケイトウ
右;オミナエシ(秋の七草のひとつ)
手前;ヒペリカム(赤い小さい実のような花)

ものの5分もかからず完成したので、「迷い無し!」「大胆!」と笑われましたが、なかなかででしょ?
真ん中の黄色いケイトウが、お月さまのように見えます。

お団子は、黄色っぽい方がお月さまっぽくていいかな、と思い、うるち米と餅米を1:1、それに多めに雑穀のモチキビと塩を入れて普通に炊いて、つぶし、丸めて、作りました。子どもたちも喜んで手伝ってくれました。

そのままで美味しかったのですが、重ねるとくっついてしまうので、けっきょく、きなこをかけてみました。
う〜ん、やっぱり普通は白玉粉や上新粉で作るんだろうな・・・。団子がくっつかないように、サラダ油をまぶす、なんていう技もあるそうですが、ちょっと抵抗あるな。


やや雲がかかって月は良く見えませんでしたが、窓を開け放すと、夜風が気持ち良く、秋の虫の大合唱も「おつ」なもんで、なんだか楽しい気分のお月見になりました。

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム