自家製漬物3種

最近、漬物を3種、漬け込みました。

漬物3種_convert_20100630220851

左から、らっきょうの甘酢漬け、紅生姜、青梅のシロップ漬。

<作り方>
らっきょうの甘酢漬け
材料
   らっきょう1kg
   甘酢(酢、水、砂糖・・・各カップ1と1/2、粗塩・・・大さじ3、赤唐辛子・・・1本(種を除く))
1.らっきょうを洗って先端とひげ根を切り、薄皮を剥く。ざるに上げて水気をきり、消毒済みの容器に入れておく。
2.甘酢の材料を鍋に入れて煮立たせる。
3.らっきょうを入れた容器に2の甘酢を熱いうちに注ぎ入れる。赤唐辛子は保存中の殺菌に役立つので一緒に入れる。
4.らっきょうが甘酢の表面から出ないように、ぴったりとラップで覆う。そのまま置き、冷めたらラップを取って密閉蓋をする。

 ☆今回、砂糖の代わりに蜂蜜、デーツの蜜、黒糖を使ったので、漬け液は黒くなっています。
 ☆本によっては、洗ったらっきょうをさっと湯通ししてから漬ける、というものもありますが、この作り方の方が、シャキッとした歯ごたえが残ります。
 ☆食べごろは3週間後~約1年 (涼しい場所にて保管)


紅生姜
材料
  新生姜・・・100g
  赤梅酢・・・50ml
1.新生姜は洗って水気をきり、マッチ棒くらいの大きさに切る。
2.消毒済みの容器に1を入れ、赤梅酢を加える。冷蔵庫に入れて3~4日以上漬け込む。

 ☆根生姜でもできますが、新生姜の方が美味しいと思います。
 ☆赤梅酢は梅干しを作る時にできる、梅&赤シソのエキス。梅干しを作る時に少しとっておけば良いが、余らなければ、商品化されているものを使っても良い。この赤梅酢はドレッシングなどにも使えて便利。
 ☆生姜がかぶるくらいまで赤梅酢が無くても(写真のように)、密閉ビンであれば時々上下を返しながら漬ければ大丈夫です。

  売っているものとは全然違う味。ぜひお試しください!



青梅のシロップ漬
材料
  青梅・・・適量
  蜂蜜などのシロップ・・・梅の分量を見て、適量
1.青梅は洗ってザルに上げてタオルで水気を拭き、竹串でボツボツ穴を開ける。
2.1をジッパー付きの食品保存袋に入れ、シロップを加え、口をしっかり閉める。
3.2の袋の上下を時々返しながら、常温で1~2日ほど置くと、梅から水が出てくる。充分水がでたら、消毒済みの保存容器に移し、冷蔵庫で保存。
4.1ヶ月を過ぎたら梅を取り出し、そのまま冷蔵で1年間程度保存可能。

 ☆水割り、お湯割りなどで飲んでみて、甘味が足りなければ、シロップを足します。
 ☆はじめから容器で漬ける場合には、梅がかぶるくらいシロップを多めに入れて作ります。袋の方が、まんべんなくシロップを行きわたらせることができ、梅から水が出やすいので、少ないシロップで作れます。
 ☆今回は、蜂蜜と、残っていた水あめを使いました。

  夏ばて防止に!

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム