ふくふくのいえ

世田谷喜多見駅徒歩5分の場所に、まもなくオープンを迎える 『ふくふくのいえ』(おでかけひろばFUKU*fuku)に行ってきました。
(一財)世田谷トラストまちづくりさんの「空き家活用モデル事業」の助成対象に選ばれた家です。
運営を担当される子育て支援グループ [ままなとーと世田谷]の皆さんに出張ぬか漬け講習会。

image1_convert_20170421232211.jpeg

ふくふくの家
まだ照明は仮のもので・・・と向きを変えてくださっているところ

講習会@ふくふく20170421庭
奥の部屋の壁は職人さんと一緒に塗ったそうです。いい感じ〜♡

講習会@ふくふく20170421

Fuku*fukuの皆さん
スタッフの皆さん。
実は元「助産院アクア・バース」で働いていらした皆さん。そのあと、子育てサロン『ままなとーと』として活動。そしてこの家のオーナーさんと協力して区の空き家活用助成の審査を通し、親子が集う家(おでかけ広場)の運営スタッフとしても新たなスタートをきることになったということです。
スタッフの皆さんは仲睦まじく、訪れる親子にとってとても居心地の良い場所になると思います!!


ままなとーとFBページ
https://m.facebook.com/soulfulmamasgoinon/

ふくふくのいえFBページ
https://m.facebook.com/fukufukuhome/



《お知らせ》
5月のぬか漬け講習会候補日に、14日()と21日()が追加になりました。
http://nukaman.blog99.fc2.com/blog-entry-437.html

お申込み、お問い合わせは
ぬか漬けマラソン おかべなおえ まで。
nukadukemarason@gmail.com

1/23と1/30 ぬか漬け参加者募集

まずは最近の報告から。
1月14日(土)にぬか漬け講習会・基本編がありました。
ぬか漬け講習会H290114
同じ職場の皆さま、和気あいあいと。

中におひとり、「1週間お通じがないことがある」という方が!ぬか漬けで、調子よくなると良いのですが。


1月12(木)と17日(火)は、幼稚園のママたちに頼まれて味噌作りをしました。
味噌作りH290117その2

H290117味噌

味噌作りH290117いただきます

ランチは、丁寧に出汁をとった味噌汁と、定番のぬか漬け、味噌漬けなど。

味噌はかれこれ10年以上手づくりしている経験から、できるだけ無駄を省き、家庭で継続して作り易い方法をお教えしました。


〈 急 募 〉
1月23日(月)と30日(月)、ぬか漬け講習会・基本編に希望者がそれぞれ2名と1名いらっしゃいます。
参加したい方らっしゃいませんか?!
ぬか漬け講習会の詳細はこちら→ http://nukaman.blog99.fc2.com/blog-entry-304.html

ランチだけの方でもぜひお越しください。こんな方はぜひ!↓
*ぬか漬けを漬けるのは自信がなくても、食べたいという方
*以前講習を受けたことがあって、味の確認や質問のある方
*自分でぬか漬けをやっていて、ぬか漬けマラソンの講習を覗いてみたい方

23日の申込〆切は21日(土)朝8時まで
30日の  〃 は27日(金)朝8時まで


お問い合わせ/お申込み
ぬか漬けマラソン代表 おかべなおえ
nukadukemarason@gmail.com

児童館子育て講座

児童館にて子育て講座『ぬか漬けでご飯』

4才以上の親子7組と、小学生が11名参加してくれました。

豚汁作りから
小学生は豚汁作りやお米研ぎのお手伝いから。

稲を触ってる
稲穂を触ってみて!この一粒の中に玄米が入っているんだよ。

ぬか漬け紙芝居
「ぬか漬けってな〜に?」の自作紙芝居。

ぬか漬け食育講座2
実演中。

ぬか漬け食育講座3
職員さんが素敵なランチョンマットと箸置きを作ってくれました。温かいなぁ。 いただきまーす!!

【感想】
実は小学生や幼児対象の講座は初めてやったのですが、小さい子や小学生たちが、こんなにぬか漬けの話を聞けるとは驚きでした!未知のものを知りたいという好奇心と、「やってみたい!」「触ってみたい!」という純粋なパワーは子どもたちが持っている素晴らしい力ですね!!
今後、大人未満の人たちへ向けた講座もやっていきたいと思いました。

児童館職員の皆さん、世田谷区健康づくり課の種市管理栄養士さん、東京農大生の皆さん、ありがとうございました!
そして参加してくれた子どもたち、ありがとう!

ひの市民大学での講座風景

8月5日(金)に、東京都日野市の『ひの市民大学』にて講座をしてきました。

ひの市民大学2
17名の方にご参加いただき、ぬか漬け初心者からベテランの人まで様々。

ひの市民大学3

ひの市民大学1

参加された方がFB(フェイス・ブック)にこんな書き込みをしてくれました☆↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
題して『ぬか漬けマラソンはじめましょう!』に行ってきました。必要経費は材料代だけ。¥1000です!(^^)!
しかし企画構成かなり完成度の高いイベントでした。
自分達の持ち寄った容器に持参した塩、唐辛子、昆布、捨て野菜、そして用意して下さったお米屋さんのぬかを合わせていきます。
先生がエプロンシアターで『ぬか』というものの仕組みをわかりやすーく教えてくれます。
実際に先生が漬けているぬか漬けたちを披露しながらそれぞれの漬け方や経過した日数を教えてくれます。
質問時間があり、いろんな質問に実にわかり易く答えてくれます。
終わったころに山形産つや姫が炊き上がり、先生の漬けてこられたぬか漬けをいろいろ盛り合わせみんなで食事会になります。
日本食大好き、漬物大好きの私にはたまらないメニューでした!(^^)!満足度120%です。次回9月9日(金)開催です。お勧めのイベントです!
わたしのぬか床ちゃん、今度こそ失敗しませんように!なるべく空気が入らないようパンパンに詰めてます(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
記事を書いてくれた石原さん、ありがとうございました!
私の方こそ、参加者の皆さんからたくさん質問があったので、「気付き」がありました。
第2回目の講座は以下の通りです。

◆9/9(金) 『ぬか漬けマラソンはじめましょう!』
場所:日野市市民の森ふれあいホール
時間:10:00−13:00 

*ぬか床作り、ぬか漬けランチ付。
*ひの市民大学の講座として開催しますが、市民でなくても申込できます。
*参加費(材料費)¥1000 定員各回20名
*お申込み・お問い合わせ 日野中央公民館 TEL:042-581-7580

らっきょうを漬けました。

今日の会には5名のご参加がありました。

らっきょう漬けの会
ひとり1kgずつのらっきょうを黙々と皮むき、先端とひげ根を切り、洗い、水気をタオルで拭き、容器に入れ、煮立たせた甘酢をかけ入れたところです(笑)。
おしゃべりをしながらの作業は楽しかったので、来年もこの作戦でいこうと思いました♡


らっきょうランチ

一仕事終わって、お楽しみの”らっきょうランチ”!!

らっきょう酢と醤油を1:1で焼きそばのソース代わりに使うとそれだけで美味しいんです。
ポテトサラダのように見えるのは、おからサラダ。これにもらっきょう酢と刻んだらっきょうがたくさん入っています。玉ねぎを使うといちいち塩水に浸して絞ってから使いますが、その手間要らずで便利です。

蒸し茄子のらっきょう酢醤油ダレ
蒸し茄子の香味ダレ。
タレは醤油:らっきょう酢が1:1、それに少しの砂糖とごま油。らっきょうも刻んでアクセントにします。味が濃ければ和風出汁を加えてみてください。
ご飯が進む美味しさです♪

そう、らっきょうの甘酢を料理に使うためにらっきょうを漬けている、と言ってもいいくらいなんです、わたし。
今日は皆さんに喜んでもらえて良かった〜

ドクダミ干し
ランチでお出ししたお茶は、ドクダミ茶。 我が家の庭に生えたドクダミを、洗ってからこうして乾かして、

乾燥どくだみ
カラカラに乾いたらハサミで切って、煮出して、お茶にします。

ドクダミだけだと味がきついので、ほうじ茶とブレンドしたらなかなかのお味でした。
プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム