子育てを頼り合う

昨日、2歳になったばかりの女の子をお預かりしました。
初めてこの親子にお会いしたのは地域交流会で、この女の子を預かるのは2回目です。
昨日は11:00~17:00まで、公園で待ち合わせ・お預かり→公園でお遊び、お弁当後、私の自転車に乗せて区役所(私の用事で)→児童館→私の自宅へ で、お迎えに来てもらいました。
ayaka.jpg

この女の子は2歳になる前から言葉覚えも速く、人見知りせず、聞き分けも良い、本当におりこうさん。こんなに長時間ママと離れても全く問題無し。私の方も、楽しくお預かりができました!
とは言っても、やっぱり人様の子を預かる訳ですから、ケガさせないようにとか、いろいろ気を遣います。そこで、1時間¥500という対価を預ける人から支払っていただくわけです。でも、預ける側も、保育施設に預けるよりも融通が利くし(待ち合わせの場所とお迎えの場所も双方で相談して決められる、ネットで交渉できて便利、など)、料金も安いし、万が一の時の保険も付く。

この仕組みは『子育てシェア』といい、株式会社AsMama(アズママ)という会社が開発・運営しています。
https://kosodate-share.asmama.jp/home


私なんかは子どもが小学生になっているので、どちらかというとお預かりする専門になると思いますが、そういう人は「ママサポーター」になるという道もあります。ママサポーターはAsMama社が認定した地域のお世話役で、シェア会員同士が出会う地域交流会を開いたり、いろんな企業ともタイアップして開催する「子育て応援フェア」やその他の場所で『子育てシェア』の広報活動をしたりする人のことです。最近では”お預かり専門”でも認定してもらえることになりました。ママサポになると保育士等の資格はなくてもお預かりの対価¥600〜になります。
興味を持った人はAsMama社やママサポーターが開いている地域交流会*に行ってみてください。

私もはじめはちょっと不安でしたが、子育てを経験してきた人は、それだけで頼られてもいいのかもしれないと思います。もちろん、子ども好きで頼ってもらいたいという気持ちがあることや、預ける人から信頼されれば、ですが。
自分も子どもが小さかったとき、毎日毎日単調で、1日くらい誰かに子どもの面倒を見てもらいたくても、親は遠いし友だちに長時間お願いするにも気が引けるし・・・という気持ちはありました。こうして人様の子を預かってみると、あの頃の自分と女の子のママとが重なって、「1日預かるくらいぜんぜんいいよ!」という気持ちで預かれるなぁと、昨日はしみじみ思いました。



*『子育てシェア』を利用(預ける/預かる)するには、顔見知り同士になった人と繋がっていることが条件です。繋がるためには知り合い同士でしか知り得ない情報を入力します。

ママサポについて
http://www.asmama.co.jp/recruit/mama_supporter/about/

☆3/22(木)11:00〜16:00 子育て応援フェア@二子玉川ライズ ガレリア 開催(私もお手伝い参加予定です!)
https://kosodate-share.asmama.jp/events/6067

収穫祭にて再会!

創立126年東京農業大学の収穫祭(学園際)にて、5年前に新聞の配達をしてもらっていた金城さんに再会することができました!! 
せりかさん

彼女が農大生だったころ、新聞奨学生として我が家に朝刊を配達してくれていたのです。「集金は振込ではなく、直接お伺いしたい」と言うので、集金の度にいろいろおしゃべりしたり、子どもにお菓子やおもちゃを持ってきてくれたり、お昼ご飯を一緒に食べたり、仲良しになっていました。
「卒業したら、小菅に箸作りの修行にいきます」と聞いたことは覚えているのですが、卒業と共に新聞配達もやめてしまい、その後連絡を取れていませんでした。
そしてついこの前、FBから「この人知り合いですか?○年前の○月にあなたの連絡帳にあった人です」と(理由まで)教えてくれたのです。ちょっと怖いけど、嬉しい嬉しい嬉しい!♬!♬!でかしたぞFB。

聞くと、農大生が農業やもの作りを勉強するための施設が山梨県小菅村にあり、そこへ学生時代に通っていたこともあって、彼女は小菅村で暮らしているのだそう。しかも家族ができて!(なんて若いお母さん♡)
小菅村の野菜や、駆除した動物の皮で作った小物やらを販売しているブースに金城さんも出展しているというので、ブースで落ち合いました。

きのこのお土産ありがとう!♪
お勧めの春か夏に、家族で小菅村に遊びに行きたいです!

収穫祭の収穫物
↑収穫。農業女子&子ども用グローブ、キノコ、ほかに黒米を買いました。

収穫祭は明日11月5日まで。
http://www.nodai.ac.jp/harvest-fes/

農大の収穫祭は毎年行っています(毎年、たくさんの人が来ます)。
学生さんたちが自分たちでもの作りを覚え、それを売り、お客さんにも喜んでもらえる。こんな楽しいお祭りが他にあるでしょうか。がんばれ農大!

川場村情報

毎年恒例、世田谷駅前で、『楽市楽座』が開催されています。今年は11月2、3日の二日間。
楽市楽座入り口
物産、食べ物(おいしいものいっぱい!)、フリマ、ステージイベント、キッズコーナーなど。
R0010448.jpg
群馬県川場村からも、世田谷区民のために、もちろん来てくれていますよ〜!
旬のリンゴは、私も大好きな「新世界」を二袋も買ってしまいました。


川場村と世田谷区は長い間友好関係を築いていて、区民が川場村で農業体験をさせてもらったり、区民健康村という宿泊施設があって夏は魚釣り、山歩き、冬はスキーなどが楽しめ、10名以上の申し込みがあればで区役所前からシャトルバスが出るなど、”何度も行きたい特別な田舎”というイメージがありますね。川場村にとっても、世田谷区からの観光客がきてくれることは、今となっては必要な経済効果があるのです。
区のお祭りでは、川場村の特産品であるリンゴや、全国的に見ても秀逸な加工品(飲むヨーグルト、こんにゃく、ベーコン・ソーセージなど)、それに採れたてお野菜も運んできてくれていますから、ぜひ買ってお試しいただきたいと思います。

さて、川場村ファンの方にちょっとお知らせ。
こんど川場村に泊まるなら、私はこんな民宿に泊まりたいと思っています↓

漬けものも上手で、田舎暮らしの知識豊富な、関さんご夫妻。私の知り合いも、このご夫婦に農作業の指導をしてもらっています。

富士見荘




富士見荘 名物おかみ 関せき子さん 
紹介されているHP http://kokoro.tabihatsu.jp/special/014/

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

原発都民投票

 本日の東京新聞の1面にも出ていましたが、東京都の原発投票の署名が、目標数を上回って最終的に30万人を突破する見込みだそうです。私も受任者になって10名分の署名を事務局に送りました。どうなるかと思っていましたが、、、ほっとしました。

 この署名活動を始めたのは、市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」で、2011年7月に会が発足しました。(こんなことを市民グループがやってしまうなんて、すごいことだなあと感心するばかりです)そしてこの会が、2011年10月1日に、【「原発」都民投票】【「原発」市民投票】に乗り出したのです。都民投票の請求代表人として、俳優の山本太郎さん、小林聖太郎さん(映画監督)、斎藤駿さん(カタログハウス社オーナー)らがいらっしゃいます。

 この都民投票とはどういうものかを簡単に言うと、「原発を今後どうするのかという重大な問題を、これまでのように、国と電力会社と立地先自治体の判断のみで決めてしまうのは間違っているから、都民が原発稼働について賛成か反対かを投票する機会を作ってほしい!」と自治体(東京なら石原都知事宛)に対して直接請求するものです。
 といっても政治というのは何事もお約束があり、まず地方自治法に定められた手続きを踏んで、都民投票 の実施を求める「条例の制定」を請求するわけです。私も知りませんでしたが、地方自治法によると、直接請求をするには その自治体の有権者の1/50以上の署名が必要なのです(東京都であれば約22万筆、大阪市であれば約4万2000筆)。それを2ヶ月間で集めないといけない。
 大阪では、署名収集が始まった2011年12月10日から、およそひと月で目標数の署名が集まったのに対して、東京は難航し、間際になってから、駅前だけでなく“スーパー前作戦”が功を奏し、本日2012年2月10日現在で、ようやく279,881筆集まったそうです(事務局HPより→http://kokumintohyo.com/branch/)。


 ところで、(みんなで決めよう「原発」国民投票)が呼びかけている「署名」は、2種類あります。昨日までに収集が終わった東京「原発」都民投票条例/大阪「原発」市民投票条例の制定を直接請求するための署名の他に、従来から呼びかけている、国民投票実現を訴えるための署名です。
 国民投票実現を訴えるための署名は「これだけ実現を求めている声があります」と示すことが目的の任意のもので、集め方、書式など特に決められたルールはなく、誰でも署名することができますし締切もありません。ネットからの署名もできます。http://kokumintohyo.com/apply_form(2012年3月31日までに111万人分の署名を集めることを目標にしているそうです)


 さあ、この結末やいかに。市民グループが始めた運動が、いまや全国規模になろうとしています。すごいことだなあ。わくわくしてきます。だって、直接請求なんて、過去に1度も実現したことがないんですから。いや、この原発問題は、それほどまでに重大な問題なのです。実現させなくてはなりません! 今後も注目していこうと思います。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

新年のお祭り

くるみ豆腐餅
母の故郷、福島の、郷土料理「豆腐くるみ餅」。
つきたてのお餅にからめていただく方が美味しいと思いますが、今回は焼き餅で。

豆腐とくるみをすり鉢ですりつぶして、だし汁、砂糖、塩で味付けしたもの。
「なんでそんなもの撮ってるの?」と母。珍しいということに気がついていないようでした。


さて、世田谷区では、毎年恒例の新年の行事があります。
我が家でも毎年子どもを連れて行き、”雪のすべり台”を滑るべく、寒い中列に並んでいます(笑)。
今年はマギー審司さんや中国雑技団も来るとあって、早起きしていかなきゃ!と意気込んでいます。


●「新年のつどい」
[日時]
平成24年1月8日(日)
午前9時30分~11時40分(雨天実施)
[会場]
世田谷区民会館、区役所中庭
[催しの内容]
・式典:新年のあいさつ(区長、区議会議長)、来賓紹介
・芸能:マギー審司、中国雑技団
・木遣り唄、はしご乗り
・もちつき(午前中のみ、区役所中庭で実施。もちがなくなり次第終了。)

   
●「新年子どもまつり」
[日時]
平成24年1月8日(日)
午前10時~午後2時30分(雨天実施)
[会場]「新年のつどい」と同じ
[催しの内容]
・雪のすべり台(午後2時受付終了)
・模擬店(材料の都合により、早めに終了することがあります)
・手作りコーナー
・警察・消防コーナー
・子どもたちのステージ(区民会館ホールは午後3時まで) ほか

世田谷区HP http://www.city.setagaya.tokyo.jp/040/d00037232.html

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nukaman

Author:nukaman
世田谷区在住 おかべなおえ
ぬか漬けの魅力を人から人へ、次世代へと伝える活動『ぬか漬けマラソン』を主宰。各所でぬか漬け講習会を開催しています! 漬け物研究家。
連絡先
nukadukemarason
@gmail.com

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム